先日の受精の結果




少しだけ前のことになりますが、
先月、大騒ぎをして行った顕微授精の結果が分かりました。
やっと僕の精子が妻の卵子に辿り着き、
少し大きく成長したようです。
やっとです。
検査から始まり、人工授精で上手くいかず、
体外受精にしても上手くいかないだろうと診断され、
時にはお尻の穴に指を入れられたこともありました。
自然妊娠は無理と言われました。
顕微なら、精子の状態が良くなくても
可能性があるということで
チャレンジをしていました。
それでも上手くいかなかったこと数回。
車が買えるようなお金も掛けましたが、
それ以上に時間と気持ちを使った時間でした。
ようやく妻のお腹の中に、
小さな命が宿ったようです。
とはいっても、まだまだ先は長く、
顕微授精の流産率は高いので、油断はできませんし、
大喜びできる段階ではないようです。
ひとまずの安心と嬉しい気持ちを共有したあと、
ちょっとだけ緊張感の残る日が続いています。
これから2週間おきに検診をして、
体調の変化を目の当たりにしながら、
僕も少しずつ変わっていくのかなと思います。
少なからず
この掃き溜めのようなブログを見て下さっている人には
お伝えしても良いのかなと思い、
まだ近親者しか知らないことを書き留めてみました。