ネットで内緒の思い出



今ではクライアントも協力者もインターネットで見つけて
一緒に仕事も進められるようになりました。
でも、僕ら30代の大人がまだ20代だった頃は、
インターネットが流行始めたばかりで、時間ごとにお金が掛かって、
限られた時間の中で楽しんでいました。
その頃は、インターネットで人と繋がれることなんて珍しく感じ、
そんなことがあるのなんて現実的ではありませんでした。
今となっては当たり前のこと。
僕もインターネットが流行始めたころに周囲と同じように
ちょっとずつ遊びはじめました。
同じ趣味を持つ人や、憧れるような凄い人たちと繋がる機会もできたのですが、
それと合わせて、危ない遊びも少し覚えました。
独身だったころ、ネットの趣味繋がりから
女性と会い、独身・既婚問わず、1日遊んでいたり、一晩を過ごしたり、、、
さすがに今そんなことをしようとは思っていませんが、
あの頃が懐かしく、楽しかったなと思い出すことがあります。
ドキドキした緊張感と、悪いことをしている罪悪感と
ふたつの感情に心臓の鼓動を大きく感じました。
自分の胸の中に仕舞っておけば、
誰も知らないまま時効になるだろう。
若気の至りで済むだろう。
そう思って数年が経ちます。
10年以上かもしれません。
あのときはチャンスがあれば、ガツガツとしていましたが、
今ではすっかり妻にも放置をされている毎日。
お互いに生活はしていますが、
またあんな激しい鼓動を打ちたいなんて妄想をしています。