先日の精子所見が分かりました



先日の顕微授精。
時間に追われて、採精だけで終了となっていたので、
鍛え続けた僕の数値は聞くことができませんでした。
受精後の移植の日、卵の様子と合わせて
僕の数値を聞くことができました。
数字そのものは僕が求めていたものにはほど遠く、
やはり運動率などの数値は低いまま。
特に直進率が低く、もともと低かったと記憶していましたが、
まったく改善していないのではないかと思うほど。
これまで続けていたことが失敗だったのか、
それとも直前で行ったことが足りなかったのかハードすぎたのか。
長く溜めてみようとしたことが仇になったのか。
考えられることはたくさんあるのですが、
どれもこれも心当たりになってしまい、
後悔することしきり。
量や数だけは、基準の値を上回っていたようですが、
そこは出たときに目に見える部分なので、手応えとして「出た」とも思えず、
肩を落としました。
それでも一応は移植までこぎ着けることができたので、
妻の卵が元気であったことと、僕の元気の無い精子がなんとか働いてくれたようです。
無事に移植まで済まし、あとは着床することを願って
ひたすら体を大切にするだけです。
僕はまたいつ出番があるのか分からないですし、
体をケアすること自体は悪いことでは無いので、
引き続き有酸素運動や無酸素運動を行っています。
少し運動量を増やしたので、体が付いていかず、
若干疲れ気味ですが、なんとかやっていけそうです。

■■質問箱というのを置いてみました
ココから