不妊治療が受けられず延期




ついこの間、しばらく休んでいた不妊治療を再開することにしました。
僕は変わらず漢方薬を飲み続けていたので、
再開をするからといって特に変わったことも無いのですが、
妻は病院へ通うことになります。
毎日、出勤の合間を縫いながら病院へ通い、注射を受けて帰ってきます。
家にいる時間が短くなる分、僕がご飯を作る頻度が上がります。
きっと毎日、僕の出番になるのだろうというつもりでいます。
そして、最初に病院へ行った日。
妻が涙目で帰ってきました。
今回は治療を受けられないそうです。
半年近く前に顕微授精を受けていた後遺症なのか、
どうかは分かりませんが、残存卵胞があるようでした。
この状態では顕微授精も受けられないですし、
治療が無いのなら自然妊娠もということも見込みがないそうです。
本当に知らないことばかりで、
何か課題に当たる度に、そんなことまで?ということばかり。
卵子が正常に取れないので、
妻にとっては女性としての証がひとつ減ってしまったように思えたようで
辛そうでした。
僕も精子の値が正常より低くと知ったときは、
男としての証が無くなったように感じました。
それでも、やりようによっては回復できる男性と、
数が限られている女性との違いは大きく、
妻のショックもかなりのものだったと思います。
今月は挑戦ができませんが、来月は回復していることを望んで、
もう少しできることをしたいと思います。