セックスは嫌 でも子供は欲しい




この間、こんな言葉を目にしました。
妻:セックスは嫌だけど子供は欲しい
うちではこの言葉は聞かれていませんが、
きっとそう思っているに違いない
と僕は思っています。
子供ができたら
という話はするのに、じゃあそれに向かってというのが
自己完結的なことばかり。
運動不足にならないように・・・
体を冷やさないように・・・
栄養を摂って・・・
などなどと。
でもそれだけではなく、もっと直接的なことがあるのではないか?と考えるのは男だからなのでしょうか。
子供がやってくる手段は、人工授精しかないの?という気持ちになりながらも、僕は漢方薬の効果や体を冷やさないことについての気遣いを耳にしています。
僕の数値が悪く自然なことが望めない以上、強く言える立場では無いなと思い、もう言わないようにしよう。
そう思うようになりました。
妻から積極的に僕の体に触れてくることもないですし。
疲れたときにマッサージをしてくれることも1ヶ月に1度もあれば良いほど。
僕は毎日のようにせがまれますが。
きっと言わなくても
嫌なんだろう。
でも家族は増やしたいのだろう。
折り合わない考えで僕が我を通したら、平和な家庭が再びケンカになり、
僕の望みはますます遠のいていきます。
折れるしかなくて、無理なことも言わない。
子供の話題が出るたびに、
僕は釈然としない思いや、寂しさを感じるこの頃です。