貯金を聞かれた結婚前のこと




しょうがないことだと思いますし、
当たり前のことだとも思うのですが、
結婚の話が出たあとには貯金の話も出ました。
今、どれくらいの貯金があって、
これからはどんな見込みなのか。
すでに独立して会社勤めでは無かった当時、
毎月の売上げがあるにしても安定した収入とはいえなかったので、
やはり生きて行くにはある程度の貯金が必要でした。
僕はなんとなく数年間、ひとりで仕事ができていたので、
今後の数年間もやっていけると漠然的に思っていました。
しかし、妻はそんな眉唾な話、
というよりも安定感の無い話しは信用が出来なかったようです。
いまはどれくらいの貯金か。
通帳を見せてそれを説明しました。
収入に対してどれくらいの支出があるのか。
過去2年分くらいの申告書を揃えて、
細目のひとつずつ説明をして、その額についても
なぜそれくらいになるのかを話しました。
今よりも出張宿泊が多かった当時、
長いときには4日や5日は出かけていましたし、
設備投資も遠慮無くやっていたので、消耗品も多くありました。
収入に比べて無駄とも思えるほどの支出をして
思ったほどの貯金の無かった僕。
僕は僕なりに所得税を軽減したくて
使えるところにお金を使うようにしていましたが、
それを理解してもらうのには時間が掛かりました。
あれから数年経っている今でも、
年末を迎える頃になるとケンカの種になります。
ただあのときの貯金の話しは僕にはとても大変でした。
しっかりとした道筋や計画が出来ていなかったことも
悪いのですが。。。
なぜ?どうして?これからは?
いつまでに?なにが?と疑問をかぶせられて
過呼吸になったのもあのときが初めてでした。
20代のころに遊びほうけ、
無計画に迎えた30代の思い出というか
経験です。