汗をかいたまま風呂に入らない妻




毎度毎度のことになりましたが、
妻は風呂に入らない日があります。
理由は「疲れたから」というもので、
何度もケンカを繰り返し、僕が慣れる形で
いまはそれが日常になっています。
そうはいっても、やはり「え?」と思うような日もあるわけで、
特に今日はそれに当たりました。
湿度が高くムシムシとする季節です。
何もしなくても体がべたつくような感じがして気持ちが悪いのですが、
妻は寝間着に着替えることも無く、そのまま布団の中へ。
外を出歩いてきた服装のまま。
そうそうに眠りに就きました。
帰宅前から僕は「今日は疲れていそうだな」と思っていたので、
家に着く時間を考えながら夕飯の準備をして、ゆっくりと二人で食べたあとでした。
自由な時間を作ってもらおうと僕が後片付けをしている間に、
妻は布団で寝入っていたのです。
僕が後片付けをしているのは風呂に入ってもらいたいという思いもあるからで、
そのまま眠って良いということではないのですが。
外を歩いてきた姿のまま布団でゴロゴロというのも、僕は好きではありません。
妻が寝ている姿を見て、なんだか落ち着かない気持ちになったので、
僕はひとりでボーッとしています。