妻の胸元を覗く夏




夏は好きな季節です。
どんな季節でも好きなことには変わりないのですが、夏には特別な事があります。
それは胸元を覗くことです。
あらかじめ書いておかなければならないのは、
誰でもかまわず覗いているわけでは無く、
僕がそうしているのは妻の胸元です。
おそらく問題は無いのだろうと思うのですが、
妻にはかなりの確率で怒られています。
どんなに怒られても、よそでやるよりは良いと開き直って、
隙あらば覗き込むのが僕の楽しみですが、夏はこれがしやすくなって
とても好きです。
今日も覗き込んだところ妻の下着は黒でした。
飾り気の無いものだったので、色気はあまりありませんが、
形状と質感だけで満足なので、何を身につけていても関係はありません。
覗き込むという行為が良いので。
決して無防備なわけではないのに、
意図せず見られてしまう女性は大変だなと思います。
靴を履いたり落とし物を拾ったり、かがみ込むような動作も多いですし、
いちいち気にしていたら生活もしづらいと思います。
そんなことを思っていても、どうしても見てしまうので、
今年もたくさん見て満足をしたいと思います。