ケータイ電話を洗濯して故障中




なにかあったときには
いろいろ起こるものだと思います。
そんなタイミングなのだと思いますが、
ポケットにケータイ電話を入れたまま
洗濯機に投入していました。
そういえばケータイ電話を見かけないなと思っていたのですが、
鳴りもしないし、特にこちらからどこかへ電話を掛けることも少ないので、
まったく気にしないでいました。
それがまさか洗濯物の中から発見されるとは。。。
いつも出かけるときは手放すことなく
かならずバッグの中に忍ばせているので、
ちょっとした用事ですが、今日もケータイをバッグに仕舞おうとしました。
ところが心当たりの場所を見ても置いてないので、
これはもしかして・・・と思い、洗濯をしてくれた母に聞いてみます。
案の定、知らないという返答に、
これは干されているのか?と思い、
外の物干しに掛けてあるシャツを探ります。
出てきました。
胸のポケットからケータイ電話。
たまたまシャツにチャックが付いていて、
飛び出さないようになっていたので、洗濯槽の中から
発見されることが無かったようですが。
僕も存在を忘れて洗濯物に入れてしまうほどの
フィット感だったようです。
電池を抜き、外せる物は全部外して
風通しの良いところで干します。
でも正常な動作はせず、
2と5と8と0が押ても反応がありません。
液晶にはなんだか波形のような模様が出ています。
最初は使うのに支障も無さそうで良かったと思ったのですが、
真ん中の列のボタンが押せないので、電話が掛けられないどころか
パスワード関係も打つことができません。
ということは、バックアップを取るということもできないようで、
ケータイ屋さんに持ち込んだのですが、完全に復旧させることは
難しいと言われました。
suicaの残高を預ける手続きもできないという顛末。
電話帳だけは抜き出してもらえましたが、
それ以外の物はパスワードが打てない以上はムリなのだそうです。
なかなか
機械というのは難しくできているなと思いました。
完全防水という謳い文句だったケータイも
何年も経って防水できない箇所もできていたので、
しかたないです。