この際だから愚痴を書こう




ケンカの後でなんだかすんなりと寝るというのも落ち着かず、
僕は僕でいろいろあるので、そんな愚痴をひたすら挙げてみようと思います。
まずは仕事です。
僕の仕事の仕方が特殊なのだと思いますが、
自営業で自宅、室内での仕事ということで、生活の場が仕事場だったりします。
だから生活音が耳に入るのですが、そうすると仕事のスイッチが入りづらいことが多々あります。
仕事のスイッチのまま、日々の生活に戻っていくこともあります。
戻る場合は、約4歩で生活に戻らなければなりません。
時には考え事やイライラしていることを4歩で忘れることができず、
そのまま家庭内に持ち込んでしまうことがあります。
そうすると、だいたい妻の話すことが妙に頭にきたり、
些細なことに思えて、返事も粗末になります。
何度かケンカを繰り返して理解してもらっていると思いますが、
完全に理解してもらうことは無理なのだろうと思います。
このこと自体、僕も疲れるので外で仕事をしたいのですが、
お金も掛かりますので許可が出ません。
機嫌の良いときは許可が出ます。
それが継続するかどうかが悩ましいところですが。。。
決算期になると、利益の帳尻を合わせたいので設備投資をします。
けっこう大きな買い物になりますし、時には自分が欲しいと思っている物を
設備投資という形で買ったりもします。
これも相談が無いと怒られました。
自分の小遣いでは無く、事業の設備で資金なのですが、、、、
生活が厳しいということでした。
僕のお小遣いは月3万です。
お小遣いと言っても経費込みなので、取引先との食事や打ち合わせ、
夜のお酒のお付き合いも1ヶ月3万円の中におさめます。
設備が壊れたり補充したりというときも、ここから出します。
カードという便利なものもありますが、
さすがに食事がワリカンだったり、会議室を借りたいするときにカードは使えないので、
ギリギリだったり前借りだったりということもありました。
今では慣れて、上手く収めるようになりましたが、、、
仕事仲間の間では、仕事の経費と小遣いが合体していることには驚かれます。
以前は僕の出張中に、勝手に僕の仕事場を片付けて、
散らかっていると不機嫌になることがありました。
もしかしたら、見なくて良い物を見つけて起こっていたのかもしれません。
いずれにしても、僕が留守中に不機嫌になって、帰ってきても無愛想なのは堪えます。
生活面では、
歯磨きしない、風呂に入らない、居間で寝るといったことが当たり前になっていました。
僕は歯磨きをしないとすぐ歯を傷めますし、風呂に入らないとすぐに吹き出物ができます。
真逆な生活だったので、僕にはとても不潔に見えました。
女性らしさを失っていると感じました。
子供が欲しいというのが共通の願いでしたが、
だからといって、子作りをしていないのが僕たちの不思議なところです。
僕の感覚では、気持ちがあっての行為で、その先に子供だと思っていたのですが、
妻は体調や年齢のことが先で、どうやって授かるかというところに重きを置いています。
行為は無いのですが治療はしている。
という状況で、僕にとってはまるで材料だけを提供しろといわれているように感じていました。
それって、結局のところ相手は誰でも良いのでは?と。。。。
それからケンカを繰り返し、行為をする日が定期的になるように
カレンダーに印を付けましたが、それが履行されることはあまりありません。
たぶん過去に2回か3回か。
買い物は僕の役割では無いので、お任せしているのですが、
一度に1・2週間分買ってきます。
それ自体は悪いことと思いませんが、中には足が速い物や、なかなか消費できない物があります。
必然的に賞味期限が過ぎるのです。
モヤシ3パック。
毎日食べれば良いのですが、妻は同じものを連続して食べないので、
冷蔵庫の中で黒くなる物も多いです。
方言が違うところから嫁にやって来た妻。
だいぶ言葉には慣れたようですが、ふとしたときに話し方が気になるようです。
基本的にぶっきらぼうでストレートな物言いをする人たちが多いので、
決して悪いがあって言っているわけでは無く、親しみを込めていると頭では理解しているようですが、
いつまでも根に持っています。
なんであんな言い方したんだろう?あんな言い方するんだろう?と。
僕は親しみだけを感じるので、なぜそうやって悪い方へ受け取るのだろうと思っています。
愚痴も挙げていけばキリが無く、
いつの間にか痛かった手が治ってきたようにも思います。
とはいえ、疲れたのでまた気持ちが抑えられないときに
書き足してみたいと思います。