久しぶりの同級生と飲んで




ゴールデンウィークも相変わらずの仕事だったので、
連休だからといって特に何も変わったことも無く、
毎日を過ごしています。
クライアントからの連絡も、連休だからといって止まるわけでもなく、
相変わらず何かしらの連絡がやってきます。
いつになったら連休を連休らしく過ごせるのかと思いつつ、
もうゴールデンウィークは終わりになります。
そんな過ごし方をしている最近ですが、
つい先日、久しぶりに同級生と会いました。
なにやら遠いところで働いていたらしく、この度、地元へ戻ってくることになったとのこと。
特に仲も良くなかったのですが、どういうわけか声を掛けられたので、
せっかくなので出かけることにしました。
そういえば僕は昔、変わったことがしたくて、
そういう人物になりたいと思っていたので、
クラスの中でも少し浮いた存在だったと思います。
少なからず仲良くしてくれる友人はいましたが、決して目立ちもせず、
だからといっていじめられるわけも無い影の薄い存在でした。
今回、特に仲が良かったわけではない同級生とも、
そんなに多く話したことは無いですし、僕も影薄く大人しくしていたタイプなので、
言いたいことを言える間柄とは思えませんでした。
でも大人になると変わる物で、
ほぼ20年ぶりにも関わらず、言いたいことを言える僕。
少々失礼なことでも、同級生だからと自分で納得してしまう僕。
ずいぶんと図太くなった物だと思いました。
一次会はチェーンの居酒屋で。
二次会はスナックで。
いつもの仕事とは違う、行き慣れないお酒の席なので、
居酒屋は良いですが、スナックはとても苦手な雰囲気でした。
しかも、女の子もカウンター越しに話しをしてくれれば良い物を
ソファで隣に腰を掛けてくれる物だから、余計に話しづらく、
僕自身、彼女たちを楽しませる気も無ければ、興味も持っていない。
どちらかというと同級生達と話したい。
ただでさえ無口なのにも関わらず、さらに輪を掛けて無口な状態になり
ついには隣に座る女の子も、こいつは安全だと思ったのか眠ってしまいました。
良かったのは、僕に寄りかかってくれたので、
腕に胸が当たってドキドキしたことです。
固い感じでしたが・・・
そんな感じで12時にはお開き。
それ以上の悪さもなく、ラーメン屋さんで反省会をして帰りました。