人間ドック初体験

初めての人間ドックは半日コースです。
朝8時に受付をして、説明を聞いて専用の服に着替えて。

あとは言われるがままにあっちで測り、こっちで測り。
久しぶりに測った身長は、僕の認識より5mm低くなっていました。
体重は1キロ増えていました。

いつの間にこんなにも縮んで太っているのか。。。

視力検査は、前回の免許更新以来で、思っていた以上に視力の数字が高く、
まだまだ裸眼で車の運転ができそうでした。

生まれてから2度目の胃カメラは、とてつもなく辛くて、
何度も戻しそうになって涙は出るし涎は垂れるし。

こんなにも辛かったか?と思うほど。
初めて胃カメラをしたときはもっとスムーズでした。
だから同じくらいの気持ちでいたのに、こんなにも長くて辛いとは。。。
終わってから喉から血が出ていました。

やっぱり扱う人と、道具が違うと何かあるものかもしれません。
とにかく胃カメラが一番のイベントで、始まる前からこれだけが憂鬱で、
終わってからはもう気が楽になりました。

診察を受け、
ひととおりの検査が終わって
結果を聞きました。

30代の人間ドックは良くも悪くも何かが見つかると聞いていたのですが、
今回、僕も何かが見つかりました。

悪性ではないポリープが胆のうに。
何だか分からない影が胸に。

平均以上の呼吸器と、とても綺麗な消化器があることがわかりました。

何だか分からないものは後日検査です。

初めての人間ドックで、
ちょっとしたイベント気分で参加したのですが、
その気分の通り、楽しく検査をしてもらいました。

苦しかったり痛かったりするときは診察をしてもらうのが億劫ですが、
元気なときは客観的にお医者さんや看護師さんの様子を見ることができ、
大変な仕事の様子が観察できました。

最後に、食事を出してもらったのですが、
これが驚くほどにサラダだらけで、
自分でメニューを選んだとはいえ、
まさかこんなにも山盛りの葉っぱだらけになるとは
思ってもいませんでした。

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top