独身に戻る30代




妻が泊まりがけで出かけているので、
2・3日の間だけ独身生活をしています。
いつも妻の気配がある自宅は、
僕だけの自由空間になり、仕事にも集中ができるばかりか、
どんな格好で歩き回ってもなにも言われません。
いつもの家事もしません。
ご飯も外食をします。
冷蔵庫の物は、基本的には妻が買うことになっているので、
僕の小遣いを使うことも無いと思いますので。
夜遅くまで起きていて、なにかしてやろうと企んだり、
明日は遅くまで寝ていようと思ってみたり。
いつもご飯だ風呂だと遮られる仕事は、
日付が変わるまでやってやりました。
どうせ次の日は誰にも起こされないのだからと
意気込んで布団に入りました。
起きたのは朝5時でした。
朝ご飯はないので、食べないことにします。
でもお腹は空いたので、すき家へ行きました。
思いのほかつゆだくで、
胃もたれしました。
仕事以外にやることがないので、
とにかく仕事だけをしています。
夜遅くまで起きていても、ぜんぶ仕事時間。
風呂を沸かしてくれる妻がいないので、
銭湯へ行く予定を立て、風呂にも入らず脂っぽい髪をポリポリとかいています。
風呂なんて普段は僕が湧かすし、
たまに妻が湧かしてくれるだけなのに、
ひとりになった途端に、いろいろなことを
しなくなりますね。
もともとは自分でやっていたことなのに。