もう履けるパンツが無いんです

家事はお互いにできる方がやることになっています。

最初に決めたウチのルールは、
今でも生きています。

週末とはいえ仕事に出かけていった妻の代わりに、
僕は洗濯機を廻し、干しました。

たくさんのシャツとパンツと靴下。

帰ってきてそれに気が付いた妻は
「ありがとう」と言ってくれました。

でも僕には洗濯をする理由がありました。

パンツの替えが無かったのです。
洗濯物を干しているときに見回して気が付きました。

まだハンガーに掛かったままの衣服は
前回の洗濯のときのもの。

それはたしか先週の日曜日に干していた。。。

ということは一週間、うちでは洗濯がされていなかったということ。

毎日履き替えたパンツは、補充されることが無く底を突き、
ついに今日の夜からノーパンになるのかと思っていました。

そのことを妻に伝えると納得したようで、
さっきの「ありがとう」はどこかへいってしまったかのように
笑っていました。

今日は、くたびれたダルダルゴムのパンツを履いています。

ブログが気に入ったらご登録ください

【ブログランキングに参加してます】
こちらの応援をお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ
ブログランキング
ブログランキングならblogram

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top