出張疲れを抜く方法は




今年最初の宿泊での出張です。
日帰りの出張はあったのですが、
宿泊は今年初。
しかも。車で3時間も離れているところへ朝9時に集合。
ということで、準備も兼ねて4時には起床。
途中で朝食も取るし、余裕を持って5時に出発。
予定通りに到着することが出来ました。
車で出張するのも久しぶりなので、長距離運転を楽しみながら
大音量で音楽を流しながら高速道路を向かいます。
長時間の打ち合わせも終わり、
その後の新年会は6時スタートの終了は2時。
一次会の居酒屋から2件目のスナック。
3件目の居酒屋からラーメンまで。
打ち合わせに負けず劣らず長丁場でした。
しかも、次の日も9時から打ち合わせ。
2時過ぎにホテルに着いて、いちおう他のクライアントのチェック。
なんだかんだで3時を回り、寝たような寝れなかったような感覚で
起きたのは7時半ごろ。
無事に仕事を終えて、
ふたたび長距離運転をして帰宅したのは
夜中の1時でした。
さすがに、こんな動きをしていると疲れが溜まり、
だんだんとテンションもおかしくなっていきます。
眠いという意識もなくまぶたが落ちてきます。
体はだるく、どうしようも無い状態で、
仕事場へ戻ってきても手が付けられません。
こんな日は、僕はニンニクを大量に食べます。
誰かが臭いと言っても構いません。
僕は平気なので。
そんな開き直りをしながら、
体力を戻していきます。
とはいっても、今回の出張ではまだニンニクを摂取していません。
体力が戻りません。
なので、
昼寝をしたいと思います。
業務時間ですが。
夕方の打ち合わせまでには起きる予定です。