帰宅と帰社




新年最初の打ち合わせがありました。
新しい年の早々に客先に呼んでもらえるのは
とても幸運なことだと思います。
新年会に呼ばれないのが引っかかるところですが、
それでもこうして必要とされるのは気持ちが良いことで、
今年も頑張ろうと思います。
妻も新年の帰りは順調のようで、
夕方には仕事から帰ってきます。
僕も打ち合わせが終わって仕事場である家に帰ります。
ここで、僕と妻との間に溝ができるのです。
妻は家に帰ってひと息。
僕は家とはいえ、仕事場に戻ってひと仕事。
完全オフモードになった妻が話しかける。
仕事オンモードの僕が答える。
そのテンションは明らかに違い、僕はピリピリしています。
同じ家なのに、
こうも違うというのは
相変わらず慣れません。
昨日今日に始まったことではないので、
僕が丸くなるかしないと、この状況は続きそうです。