家のこともして欲しいと言われるけれど




誰もが言われることだと思います。
「家のこともして」と。
確かに、女性の方が家事や周辺の行事をしっかりやってくれているのだと思います。
一般的には。
男は男で、仕事へ行ったらそればっかりが頭にあるし、帰ってきたらホッとしてなにも考えずに過ごして、見えないところで女性がやってくれていることを思ってもいないのだと思います。
家にいる時間が長いと、やはり家事に目が向きますし、家の周辺で起きている出来事もしることがあり関心が向きます。
自宅で仕事をしていたら、どうなのだろうと思いました。
男女問わず、家事が目につきますし、周辺の出来事に顔を出す機会が増えるのでは無いでしょうか?
僕はよく
「僕も仕事をしている」と思うことがあります。
洗濯物を干して取り込んで畳むのは僕の仕事になっています。
どちらが決めたということもなく、朝、洗濯機を回すことができ、
夕方に取り込むことができるのは僕だからです。
そして干す前にハンガーの空きを作るために畳んでいるので
自然としまい込むことも仕事になりました。
朝、妻は仕事の準備が忙しいので、僕が食器を洗います。
昼は自分で料理を作り、食器を洗います。
夕方になったら、妻が帰ってくる前に米を炊きます。
米を炊くのは時間が掛かりますから。
帰りが遅いかもしれないので、ある時間になったら
夕飯を作っています。
でも僕は僕なりに二人で食べて行ける程度は稼いでいます。
今まで、そのための時間を使ってきましたし、依頼者ともそういう付き合い方をしています。
けど、夕方や日中に家事に時間を割くことが増えました。
一人暮らしでも家事はしますが、そのころの気ままな時間とは違って、
決まった時間にやることが増えたのです、
僕の仕事にとって夕方は諸連絡が途絶え、一番仕事が乗ってきます。
それが夕飯を作る時間になりました。
眠くなる前に片付けたい仕事をする時間は、仕事から帰った妻の愚痴を聞く時間になりました。
これを省くと、話を聞いてもらえないと言われます。
たまに仕事の空きができて、遊びに出かけます。
帰ってきてから洗濯やご飯を率先しておかないと、家のこと・・・・と言われることもあります。
なんだかそんなことを思うことが増えて来て
ストレスに感じています。
合わせて男性不妊を解消するための時間も必要です。
解消にはストレスを溜めないことと、有酸素運動が必要です。
しかも、適度にというよりは、かなり真剣に運動した方が良い結果が出ています。
だから僕は外で激しく動いてきたいのですが、
先日、イスに座って仕事をしろ。家のこともしろ。と叱られました。
妻の不妊治療の後は、気遣ってくれないと怒られました。
朝早く起きて走ってきたり、
妻が寝た後に仕事をしたり。
僕はそんな生活が続いていることを愚痴りたいのです。