シャンプーに水は入れるな




シャンプーが終わったら、詰め替え用のものを入れる前に、
キャップを外して、じっくりと中身を出したいタイプです。
まだ2・3回はシャンプーが出来そうなくらい残っています。
ポンプが汲み上げることができなかったシャンプーを、
ジックリ垂らして、それで頭を洗います。
明日のご飯にも困るくらい貧乏だったころから、
そんな心配が無くなった今まで、ずっとそうしてきています。
でも、妻はどうやら
シャンプーが空になったら水で嵩増しして使うタイプのようです。
空になった容器に少しだけ残るシャンプー。
それをどう使うか、一度だけ相談したことがあります。
そのときに妻は
「最後まで綺麗に使うから」と言っていました。
僕もそれに賛同して二つ返事をしました。
僕はもう垂れなくなるまで容器を逆さにして待ちます。
妻は水を入れます。
どっちも最後まで使おうという手段だと思います。
でも水を入れてしまうと薄くなってしまって頭が洗いづらいのです。
しかも冷たい。
だから僕はこの方法がイヤなのです。
しかも、どうせあとで新しいシャンプーを追加するので、
ムリに最後まで使おうとする必要も無いと思うのです。
残っていようが、最後まで使おうが、いずれ中身は追加されます。
だったらシャンプーの残りなんて気にする必要も無いのです。
なぜ水を入れるのでしょうか。