支出を減らすように言われる




妻からはくどく
なるべく支出を減らすように言われています。
食べるのにも苦労していないですし、
どちらかというと、妻の方が電気を付けっぱなしにしたり、
食べ物を残したりと無駄なことは多いのですが、
僕の金遣いの方が目立つようです。
たしかに、
サイズの大きな物を買いますし、
金額が大きいものも買います。
食べ物では無いので、
いつも目につきますし、
そのときは良くても、だんだんと使わなくなったり、
邪魔者に見えてくる物だと思います。
仕事で使うようなものでも、
価値が共有できていないので、
やはり高い・無駄・最低限といった言葉が浮かぶのでしょう。
独身時代から、機械や趣味にはお金を使ってきた僕。
一緒に生活を始めた当初は、それがとてもストレスで、
とても耐え難いものに感じられました。
いまでも「ケチ」というひと言を知人に吐いてしまったりします。
良いことでは無いですが・・・。
それよりも、
使わない電気を消すこと、
行かない部屋の灯りは消す。
食べ物は粗末にしない。
安物買いばかりしない。
なんていうことも意識して欲しいなと
思うことも。
上手くポイントを貯めたり、
こっそりとヘソクリを作ったり。
そんなささやかな反抗で、たまに大きな買い物をするのが
僕の目下の楽しみです。