祝日の半日




夕べの帰宅は日付が変わってしまいました。
遅くても11時には帰ることができるだろうと思っていたのですが、
思いのほか長引いてしまい、終了した時点で0時。
久しぶりに気が置けない仲間との飲み会でした。
すでに今月は僕の小遣いが底を突きそうで、このタイミングでの出費は非常に苦しいのですが、ふだんお世話になっていることも多いので断るわけにもいかず、気が引ける思いをしながらも楽しんできました。
毎月のお小遣いは1万円。
残りはあと2千円ほど。
何かのために貯めてあるお金に手を付けなければ、
今週末、来週末の出張にでかけたときに、
ご飯を食べることができません。
クライアントとの食事になったらどうするか。。。
上手いこと言ったら奢ってもらえるのかな。
夕べの会合の終了が遅く、さらには知人を自宅まで送り届けたので、
布団に入ることができたのは2時頃でした。
5時半頃、トイレに起きたところで妻を起こしてしまったようで、
少し話しているうちに僕が再び寝てしまっていたようです。
気が付いたら仕事に出かけていく妻が準備をしていました。
再び僕がトイレに入ったときには、すでに家を出発する瞬間。
僕もなんとか8時前には仕事の体勢に付くことができました。
とはいっても祝日の雰囲気と、寝ぼけた頭では大したこともできないのですが、
連絡関係を中心に進めました。
11時を過ぎたころにはお腹も空いてきたので、
食前の薬を飲んで、台所へ向かいます。
妻が食べた朝食の洗い物をし、
一膳分のご飯が残っているのを見つけました。
このご飯は僕が食べて良い分だとして、夜の米は炊いておくのだなと認識し、
ひとまず、お昼ご飯を作って食べます。
昼ご飯の洗い物を済ませ、
トイレットペーパーが終わりかけているので交換をして、
ふたたびパソコンの前に座り、午後の仕事の様子を伺います。
さすがに祝日で、新しい連絡も無いので、
これから靴下を買いに行こうかなと。
昨日、両足のカカトが破れてしまい、プライベートで履くものが無くなってしまいました。
いや、、
今月はお小遣いも終わりそうなので、とりあえずどうするか考えようか。
それが半日を終えた今日の僕です。
歯磨きをして食後の薬を飲まなければ。