本番




昨日は月に1度のあの日でした。
採取され、そして妻に注入される日。
病院は朝の予約。
もう数回も繰り返していることなので、
だんだんと慣れてきた感じもあります。
妻にちょっかいを出しながら、
手でしてもらいます。
そして、力一杯発射します。
どれだけの量が出せるか。
これが勝負になります。
もちろん、
出てくる奴らがイキが良いとか、元気なことが一番重要ですが、
僕にできることはたくさん出すこと。
できるだけ、たくさん出して、たくさんの候補から絞り込んでもらうのが
僕にできる最低限の仕事かなと思います。
お医者さんの手に掛かれば、多かろうが少なかろうが、
僕の精一杯の結晶は、遠心分離機で濃縮されてしまうのですが、
いちおう毎月目に触れているのだから、多少は凄いところを
見せたいと思うのです。
今回も妻の力を借りて、
精一杯やりました。
いつのなら、僕にお付き合い頂く妻のために、
妻にも精一杯の指技で昇天してもらうのですが、
今日はあまり気持ちが乗らなかったようです。
どこかで僕が失言でもしたのかもしれません。
とはいえ、病院へ行って注入してもらってきました。
そして、夕べは僕の力だけで注入しました。
ごくごく一般的な形で。
幼い頃から大切にしているアレで。
またしばらくは様子を見る日が続きます。