採精日




今日は、朝から病院です。
しかも大切な大切な「採精」の日。
家で抜き取って、病院へ持っていく日です。
本来でしたら、病院の一室で行うものなのだそうですが、
偶然にも家が病院から歩いて5分ほど。
家の方が安心ができるでしょう。
ということで、毎回、病院へ行かずに自宅で済ませています。
自宅で済ますと何が良いかというと、
病院という特別感は無いものの、妻の手があるということです。
自分よりはやってもらった方が良い。
ならば妻に。
もちろん僕も手を出すことができます。
病院だったら看護婦さんが相手してくれないのかなと
妄想したこともありますが、それは無理なことだと思いますので、
現実的なところで妻にお願いをします。
しかし、
先週末に2つの戦いを交えたせいか、
今日はあまり量が出ませんでした。
ここ数日間、エビオス錠を切らしているからでしょうか。
妻にも少ないと言われました。
でも出ないものは出ないのです。
力の限り振り絞ってコレでした。
仕事が忙しいことも原因かもしれません。
でもエビオス錠でしょう。
少ないながらも採精をしたので病院へ。
朝、こんな出来事があると
一日じゅうぽーっとしてしまうのです。