筋肉痛の早さ




年齢を重ねると筋肉痛が遅くなると言います。
聞いたところに寄ると、それは新陳代謝が落ちるためで、
新陳代謝さえ回復できれば、翌日に筋肉痛がやってくることもあるのだとか。
笑い話でよくあることですが、
「明後日の方がタイヘンだ」とか
「筋肉痛が翌日に来て良かった」とか話すことがあるのですが、
僕の体はまだ翌日に筋肉痛がやってきます。
24時間後にやって来ていたものが
36時間後になったような気はしていますが、
まだまだセーフラインだと思います。
この状態を少しでも長く保って、
いつまでも筋肉痛が翌日に来る体でありたいと思うので、
できるだけ運動をするようにしています。
なかなか定期的にはなりませんが、
仲間と走り回ったり、球技をしたり。
暑くなってコンディションも上がってきたので、
今週になってからは、連続して動き回ることも。
少し前までの疲労感は、きっと精神的なところから来るのだろうと思い、
体を動かしてスッキリすれば疲労なんて飛んでいく!という気持ちもあります。
だからこその連日の運動。
昨日は、筋肉痛が来ている太ももで、
激しく走り回ったせいか、お尻が痙りそうで、
左をかばっていたら、今日になって右が痛くなりました。
こんな疲労感を味わうのも久しぶりな気がします。
動き回った気がします。
この体の疲労感が気持ち良くて、
大嫌いなランニングを始めようかという気持ちもしてきました。
元気に走り回れるのも夏の間だけです。
冬は静かにゴロゴロとする季節です。